観光地

名古屋港水族館は再入場できる?子連れでの所要時間も!体験談まとめ

2019年5月の土日に名古屋港水族館へ家族で行ってきました。

名古屋港水族館は実は日本で一番広い水族館!

なので、全部をゆっくり見て回ろうと思ったら結構時間がかかります。

その上、土日だと人も多いので館内の飲食店もかなりの混雑…。

そんな時は再入場を賢く利用すると、ランチもほぼ待ち時間なしでスムーズに楽しめますよ♪

6歳と3歳の子連れで行った時の館内での所要時間や上手な館内のまわり方もお伝えしますので、ぜひ行かれる前の参考にしていただけたらと思います^^

名古屋港水族館は再入場できる?

名古屋港水族館は再入場する事が可能です。

2階の北館出口にて、再入館スタンプがセルフで押せるようになっています。

特に係の人が居るわけではないので、「ご自由に押してください」的な感じになっています。

置いてあるスタンプを手の甲に押します。手のひらだと汗などで取れてしまうので、手の甲ですよー!

スタンプは押しても色が付くわけでもないので見た目には分からないので、「コレ、本当についてる?」とちょっと不安になりますが、近くに確認用のブラックライトがありますので心配な方は確認すると良いですよ♪

スタンプは1回くらい手を洗ったくらいでは落ちないので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

うっかり忘れてガッツリ手洗いをしてしまいましたが、再入場の時に止められることもなく入館出来ました^^

ちなみに、再入場する時は正面の入り口から入って、チケットを確認しているお姉さんに「再入場したいんですけど…。」と言えばブラックライトで確認してくれますよ。

名古屋港水族館の土日のランチは再入場を使って賢く!

館内には北館にレストラン「アリバダ」と軽食コーナー「トータス」があるのですが、土日のお昼時の混雑はものすごいです!

お店の外に行列ができていて、ここに並ぶのはちょっとなぁ…という感じ。

そこでオススメなのが、一度水族館を出て「JETTY」でランチを取る事。

水族館出口を出て左方向に歩けばすぐですよ^^

「JETTY」にはフードコートやレストランが複数入っており、名古屋名物のあんかけスパゲッティや手羽先、味噌カツが食べれるお店も。

「JETTY」の1階がフードコートになっており、ぱっと見座席があまり多くないので「これ、座れないなぁ…。」と思ったのですが、実は2階にも座席があってこちらはガラガラ。

たぶん2階に座席がある事に気づかない人が多いんだと思います。

食事をわざわざ2階まで運ぶのはちょっとめんどくさいですが、エスカレーターを使えばすぐなので、混んでいる場合は2階席もチェックしてみて下さい。

そして、我が家が食事をとったのは「JETTY」の中の「キャッツカフェ」というレストラン。

こちらは一度フードコートのある建物から出て、別館NORTHに移動します。

これまた、一度外に出たところにお店がある事に気づいていない方が多いのか、お昼時なのに全く待たずに案内してもらえました。

同じレストランの「RED LOBSTER」はめちゃくちゃ混んでたんですけどね。

「キャッツカフェ」はデミグラスオムライスやナポリタンなどの洋食屋さんで、ドリンク付きのお子様メニューもありますし、パフェの種類がものすごく多い!

チャレンジメニュー的なBIGサイズのパフェもありましたよ!お値段5000円!

それにはチャレンジしませんでしたが、パフェは美味しくいただきました♪

こんな感じで館内のレストランで食べるよりも、「JETTY」の穴場なお店やフードコートを利用した方が断然待ち時間はかかりません。

子連れだとなかなか長蛇の列に並んで待つのは厳しいものがありますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

名古屋港水族館の所要時間は?

水族館って、2時間も居れば十分っていうイメージだったのですが、名古屋港水族館は延べ床面積が日本一という事もあり、しっかり全コーナー見て回ろうと思うとかなり時間がかかります。

6歳と3歳の子連れの我が家ですが、水族館に到着したのが午前11時。

見ての通りのチケット購入の長蛇の列!10分くらいは並びました。

そして、イルカショーやシャチのショー、館内の水槽を一通り見て回って、水族館を出たのが16時半くらいでした。

約5時間半も水族館で過ごしたことになります!(途中お昼休憩は1時間ほど取っていますが。)

館内は混雑はしていたものの、混み過ぎて水槽が全然見れない!という程ではなく、十分満足する事ができました。

こんなにゆっくり水族館で過ごしたのは初めてかもしれない…。

というのも、名古屋港水族館には小さい子供を飽きさせないような仕組みが至る所に見て取れました。

まず、イルカショーやシャチのショー、ベルーガのショーがかなり頻繁に行われているので、ショーを全部制覇するだけでも結構な時間がかかります。

その他にも、南館でもマイワシのショーや各水槽での餌やりを見学できたりとイベントが盛りだくさんなんです!

わが家が訪問した時は、真珠貝から真珠を取り出すというイベントもやっていて、こちらもちゃっかり参加させてもらいました^^

各水槽でもただ魚を展示しているだけではなくて、ボタンで水槽のライトの色が変わったり、タッチプールでヒトデやアメフラシを実際に触ることができたりと、子供が飽きないので長時間過ごすことができるんですよね。

ですので、子連れで名古屋港水族館に行かれる際は、所要時間は5時間程はかかると思って出かけた方が、ゆったり過ごせるのでオススメですよ^^

名古屋港水族館の館内の上手なまわり方

名古屋港水族館は北館と南館に分かれており、北館ではイルカやシャチ、ベルーガといったショーに出る生き物の大きな水槽が展示されていて、南館には深海や南極などに生息する魚やウミガメ、ペンギンなどが展示されています。

で、この北館と南館を行き来するのが、結構距離があって大変なんですね( ;∀;)

ですので、極力北館は北館でまとめてみて、その後南館に行った方が疲れないでまわることができます^^

イルカ、ベルーガ、シャチのショーを全部見たい!というようでしたら、9時半の入館時間ピッタリに行けば午前中に全部見て回ることができるので、その後お昼休憩を取ってから南館をじっくりまわるというのがオススメですよ!

わが家は無計画だったので、北館と南館を3往復して、なかなか疲れてしまいましたので…( ;∀;)

ぜひ、参考にしてくださいね♪

 

この記事をまとめると…

・名古屋港水族館は再入場できる。

・再入場を利用するとランチの行列に並ばなくて済む可能性大!

・名古屋港水族館は全部の水槽やショーを見ようと思うと所要時間は5時間程。

・午前中に北館でショーを全部見てから、南館をゆっくりまわるのがおすすめコース!

館内は小さい子供連れでも授乳室やエレベーターも完備なので困ることはありませんよ^^

飽きない工夫がされているので、自分で歩けるくらいの歳になったお子さんには楽しくて仕方ないと思います♪

ぜひ、名古屋港水族館を楽しんできてくださいね~!