観光地

上野動物園の象のインディラのその後と飼育員落合さんとの感動エピソードとは?アンビリーバボー

2018年12月20日(木)放送の『奇跡体験!アンビリーバボー』で、今から51年前の1967年、上野動物園内で象が柵を越えパニックに!周りには見物客もいる中、興奮状態の象!飼育員がとった方法とは!という過去上野動物園であった事件についてが放送されます。

飼育員はいったいどんな行動をとって象を制止したのか、リサーチしたら涙が止まりませんでした…。

上野動物園の象のインディラの脱走事件とは?

1967年3月14日、東京の上野動物園でゾウが脱走する事件が起きました。

脱走したゾウは、1949年にインドのネルー首相からの贈り物として上野動物園にやってきたアジアゾウの「インディラ」。

「インディラ」という名前はネルー首相の娘の名前から取って命名されたそう。

インディラの飼育担当は、ベテラン飼育員の落合正吾さんという方でした。

 

上野動物園が公式Twitterに投稿したものがこちらです。

落合さんはその時、病気で頬がこけ、顔色も悪く、体重は36kgにまで落ちていたそうです。

それにもかかわらず、駆けつけて来た飼育係員の話を聞きすぐに長年愛用していた調教棒を持って、インディラのもとに向かいました。

落合さんはインディラの担当飼育員で、インディラを家族のように愛し、接していました。

象のインディラにもその愛情はよーく伝わっていたんでしょうね^^

二人の間には厚い信頼関係があったのです。

末期の胃癌と闘病中で、事件の8日後に亡くなったという落合さん。

インディラと一緒に映っている落合さん、とてもやせ細っているように見えます。

きっと飼育員としてバリバリ働いていた時よりも、外見はだいぶ変わってしまっていた事でしょう。

それでもインディラには落合さんだという事は分かり、落ち着きを取り戻したのです。

落合さんも、きっと最後に大好きなインディラにあえて嬉しかったことでしょう。

なんて感動的なエピソード…。

動物と人間との絆、思わず涙ぐんでしまいました。

上野動物園の象のインディラのその後は?

インディラはその後1983年に亡くなって、落合さんのもとへ旅立ったそうです。

年齢は49歳だったそうです。

今頃天国で2人は仲良く一緒に暮らしている事でしょう^^

そしてこれは余談ですが、その後、象を送ってくれたネルー首相が死去した後、娘のインディラさんは政界へ進み、1966年にはインド首相になったそうです。