エンタメ

ジャニー喜多川と滝沢秀明(タッキー)は養子縁組って真実?

ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんが2019年7月9日にくも膜下出血で87歳で亡くなりました。

7月12日にはジャニーさんの家族葬が家族とジャニーズタレントのみで執り行われましたね。

その時にジャニーさんの遺影を胸に抱え、霊柩車の助手席に座っていたのが滝沢秀明(タッキー)でした。

以前から噂されていた「ジャニーさんとタッキーが養子縁組というのは本当だったの?!」と話題になっていますが。。

この噂は真実なのでしょうか?

ジャニーさんの葬儀で滝沢秀明(タッキー)が霊柩車の助手席に

話題となっているのがこちらの画像です。

ジャニー喜多川さんの出棺は午後2時頃。

遺影の写真はギネスブック2012に掲載された時の帽子とサングラス姿の写真だったそうです。

確かに、霊柩車の助手席に座っているのはタッキー。

本来だったらこの席にはジャニーさんの家族である、姉のメリー喜多川さんか、姪のジュリー藤島さんが座るはず。

血のつながりが無いタッキーが座っていたというのは確かに不自然です。

生前にジャニーさんはタッキーと養子縁組をしていたのでは…?と言われてもおかしくない状況となっています。

「本来なら、姉であるメリー喜多川さんか、ジャニーさんの跡を継ぎ事務所社長に就任すると噂される、姪のジュリー藤島さんがその席に座るのが自然なハズ。ですが、そこに“血の繋がりの無い”タッキーが座っていたというのは、とても不思議でなりません。テレビやスポーツ紙などの大手マスコミは排除されていたので、対外的な目を気にしてメリーさんやジュリーさんが、あえて滝沢にそこを譲ったとは考えにくい。となると、考えられるのは、ジャニーさんが生前に滝沢と『養子縁組』をしていた可能性も否定できないですよ」(芸能プロ関係者)

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190712-00010009-friday-ent

ジャニーさんと滝沢秀明(タッキー)が養子縁組という噂のきっかけは?

養子縁組というのは、血のつながりのない子を自分の娘、息子にする事。

そもそも、タッキーとジャニー喜多川さんが養子縁組?という噂が立ったきっかけは何だったのでしょうか?

タッキーは幼稚園の頃に両親が離婚。

その後経済的に貧しくなり、新しい洋服を買えないので冬でも半袖短パン、新しい文房具を買えないので落とし物を使っていた、ギョウザの具は肉ではなくツナだった…等のエピソードが語られていました。

そんな生い立ちを知ったジャニー喜多川さんはタッキーを溺愛。

実の父親の愛情を知らずに育ったタッキーにとっては、ジャニーさんは本当の父親のような存在で、精神的に支えになったというのは有名な話です。

そんなジャニーさんに恩返しをしようと、必死に努力して事務所の為に働くタッキーをジャニーさんは本当の息子のように思っていました。

そんな経緯もあり、去年の10月頃から「ジャニーさん、タッキー養子縁組説」は噂されてきました。

また、ジャニーさんが発言した一言も養子縁組説を色濃くしています。

「私は驚きとともににうれしくて涙がこぼれそうでした。このような決断をしてくれた滝沢には心より感謝しています。」

この一言が尋常じゃない喜び方。

確かに自ら表舞台から身を引き、自分の思想を引き継いでくれるというのは嬉しいけれども、それだけではないんじゃないのか?とも言われています。

養子縁組をしていると遺産相続権も発生する?

もしジャニーさんとタッキーが本当に養子縁組によって親子関係になっているならば、当然ジャニーさんの300億円ともいわれている遺産相続の話も絡んできます。

アメリカ生まれでアメリカの学校を卒業しているジャニーさんは、細かい所まで遺言書に残しているのでは…?とも言われていて、もしかして霊柩車の助手席にタッキーが乗っていたのも、ジャニーさんの遺言だったのかもしれませんよね。

当然霊柩車は報道陣に囲まれることは予測できますので、写真に撮られて週刊誌に載ることまで考えて遺言に残していたのかも…。

ジャニーさんと滝沢秀明(タッキー)が養子縁組│まとめ

ジャニーさんとタッキーが養子縁組関係なのかという事についてお伝えしました。

確かに、あながちデマではないのかも…?とも思いますが、もし本当に養子縁組を結んでいたとして、遺産相続問題も絡んでくるとなると、メリー喜多川さんとジュリー藤島さんとの確執が生まれるのは免れないでしょう。

ジャニーさんが、本当の息子のように大事にしてきたタッキーをそんな争いに巻き込むなんてことをするでしょうか…?

という事を考えると、現実的ではないかな…とも思います。