季節のイベント

旧正月(春節)2019台湾はいつからいつまで?お店は休業する?

旧正月、春節と言えば即座に中国のイメージが出てくる人も多いでしょう。

派手な爆竹や長い連休による日本へのショッピング旅行などもメディアで近年紹介されています。

実は旧正月は東アジアの中国だけでなく、韓国や東南アジアのベトナム、シンガポール、他にも日本以外の国々では旧正月文化がある国が多いのです。

その中には日本にとても近い国の台湾もあり、他国同様に祝賀ムードに包まれます。

今回はその台湾にスポットを当てて台湾の旧正月文化を紹介します。

台湾の旧正月2019はいつからいつまで?

台湾の旧正月は春節(しゅんせつ・台湾ではチュンジエ)と呼ばれます。

そもそも旧正月とは旧暦(きゅうれき)と新暦(しんれき)の2つの暦(こよみ)のどちらかを使って年月日を決める方法です。

日本では明治以降「新暦」の方法を使っています。なぜ「旧暦」から「新暦」に変わったかの理由は不明らしいのですが、それ以前は「旧暦」を使っていて旧正月を祝っていました。

台湾は、「新暦」の正月より伝統的に続く「旧歴」の旧正月の方が重要で盛大にお祝いします。

日本は「新暦」なので12月31日が大晦日、1月1日が正月で当たり前に過ごしていますよね。

でも「旧正月」はなんと毎年日付が変わります!

それは「新暦」と「旧暦」では1年の長さが違うために日づけも毎年変わります。

例年時期は決まっていて「新暦」で言う1月21から2月20日の間に行います。

日本からすると正月が毎年違う文化は珍しいと思いますが、「旧正月」文化がある東アジアの国からは逆に日本はなぜ旧正月を祝わないのか?という疑問の声も出たりするそうです

お互い不思議な気持ちを抱いてるようですね。

ちなみに台湾の2019年の旧正月は2月2日(土)~2月10日(日)の9連休となっています。

2月2日(土)週休

2月3日(日)週休

2月4日(月)除夕(大晦日)

2月5日(火)初一(元旦)

2月6日(水)初二

2月7日(木)初三

2月8日(金)振替休日

2月9日(土)週休

2月10日(日)週休

台湾の旧正月(春節)お店は営業している?

距離も近くてとても親近感のある台湾。

台湾グルメやショッピング、観光スポットなども日本人にとても人気ですよね。

台湾の人も日本のカルチャーなどに興味を強く持っていたり、災害が起きたときに復興支援の協力を全力でしてくれたり、お互いに好意的に思っている関係性だとよく聞きます。

移動時間も東京からだと飛行機で約4時間で行けるので身近に感じられますよね!

旧正月の時期に台湾へ旅行の計画を立て、盛大に行われるイベントを見てみたい!という人も多いと思います。

そこで心配なのは、日本のお正月で考えると、お店などは営業しているか?ということです。

台湾の旧正月は長い連休が続いて1週間丸々休みになることがあります。

家族や親せきと過ごしたり海外旅行に行ったりする人もいるようです。

現地のデパートなどでは大晦日は早めに閉店し、翌日からは通常営業して、旧暦の元日にはデパートの前でお祝いの獅子舞が舞ったりします。

大型のスーパーは年中無休で営業しています。

お土産やレストラン、外国人観光客にも人気の夜市などでは、大晦日から4日まで休むお店が多いようです。

観光スポットでは場所により異なりますので事前に確認してから出掛けたほうが良さそうですね!

長期連休ということで帰省ラッシュもあります。

バスやタクシーなどの公共交通機関は混雑しますし、割高料金になります。

国外から台湾に観光や親戚を訪ねて来る人も多いのでその影響も考慮しておきましょう。

台湾の人の旧正月の過ごし方は?

日本は、大晦日からお正月の街はお祝いムードに包まれながらも、家族や親戚とまったり過ごすのが恒例ですよね。

台湾の旧正月は日本の年末年始と似たように過ごす風習があります。

先に少し紹介しましたが、まず日本の大晦日にあたるのが「除夕」、元旦にあたる「初一」と呼ばれます。

「除夕」では「掃塵」と言う大掃除があり、家の中の悪い気やその年の不幸を外に払い出したりします。

「除夕」の夜には爆竹で轟音が鳴り響くのも風習の一つです。

これは魔除けの意味がありますが、近年では騒音が問題となり減ってきていますが、地域によっては伝統的に続けているところもあるようです。

元旦にあたる「初一」を迎えると「拝年」という風習で、起きた後は年配者や年長者に長寿の気持ちを言葉にして感謝するところから始まります。

その後は親しい友人や、近所の住民などに手土産を持ちながら挨拶周りを行います。

お年玉文化もあり、子供がいる場合には、お年玉を赤い袋に入れて「無事年越しをして、初一を迎えられためでたい運を分け与える。」という意味でお祝いをします。

紹介した通り「旧正月」の過ごし方は、家族と祝いながら過ごすことが多いです。

近年は海外旅行に行く人も増えているとは聞きますが、やはり家族や親戚を大切にするという家庭が多いようです。

 

この記事をまとめると…

台湾の「旧正月」は、以上紹介した通り日本の年末年始と似た過ごし方になります。

大掃除をして家族で元旦を迎える準備をし、元日は正月料理を食べ、家でゆっくり過ごし、古くから伝わる方法でお祝いをします。

「新暦」と「旧暦」で日づけは日本と違いますが、どちらも年末に一年を振り返り、新たな気持ちで新年を迎えるという文化は一緒ですね!

「旧正月」に台湾旅行に行く計画を立てている人の参考になれば幸いです。