健康

新型コロナウイルスの予防にはアルコール消毒が効果的?濃度は?

日本国内でも感染者が確認された新型コロナウイルス。

誰もが感染したくはないですよね。

インフルエンザや風邪と同じような予防法が有効との事ですが、アルコールスプレーは効果があるのでしょうか?

その他、予防法についてまとめました^^

新型コロナウイルスの予防にはアルコール消毒が効果的?

新型コロナウイルスの予防としては、厚生労働省に以下のような記載がありました。

手洗いなど一般的な衛生対策を心がけてください。手など皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。

出典:https://www.mhlw.go.jp/

こちらは、疑い患者を取り扱う上での注意点に記載されていた文なのですが、医療機関では皮膚の消毒には消毒用アルコール(70%)、物の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効との事です!

コロナウイルスは「エンベロープ」という脂質やたんぱく質からできた膜をもっています

一般的にエンベロープのあるウイルスには、アルコール消毒が有効であると考えられているので、手洗いやマスクだけでの予防では心もとない…という方は消毒も取り入れることをおすすめします!

筆者の働く飲食店でも、新型コロナウイルスの流行が騒がれてからは、レジでお客さんと手が触れあった後は衛生面への配慮のため、アルコール消毒を必ず行うことが義務付けられました。

出かけ先から帰った後にドアノブ等に触れる前に消毒できるので、玄関に消毒用のアルコールを置いておくと効果的ですよ^^

ショッピングセンターやスーパーも入り口に置いてありますよね。

アルコール消毒の濃度も要確認!

コロナウイルスの除菌には一般家庭で利用する場合はアルコール濃度60%以上の物が有効との事です。(医療機関では70%以上の物が望ましい。)

新型コロナウイルスに対するアルコール消毒の消毒方法

消毒方法についても注意点があります。

菌が死ぬのに15秒ほどかかると言われていますので、この時間で乾いてしまわない量で消毒することが望ましいです。

また、アルコール消毒をするのはあくまでも次亜塩素酸が使用できない肌への消毒で、物の消毒については厚生労働省のHPにも書かれている通り、次亜塩素酸を使用するのが理想です。

肌や皮膚への消毒…アルコール消毒

物の消毒…次亜塩素酸

新型コロナウイルスの予防には手洗いとマスクも有効!

新型コロナウイルスの感染経路としては以下の物があるといわれています。

・飛沫感染……咳やくしゃみをしたときに、ウイルスが飛び散り、口や鼻から吸い込んで、体内に入ることで感染する。

・接触感染……感染した人のウイルスが手から周りのものに付着。健康な人がそれを触り、ウイルスが体内に入って感染する。

アルコール消毒以外にできる対策としては、やはり手洗いとマスクでの予防です。

新型コロナウイルスは歩いてすれ違うくらいでは感染することはないとはいいますが、感染者がマスクをしていなかったり、せきやくしゃみを浴びてしまった場合は感染する可能性もゼロではありませんよね。

手洗いは、指先や爪の間、手首も忘れずに洗い、マスクの着用でせきやくしゃみによる拡散を防ぎ、マスクがない場合はティッシュやハンカチ、上着の袖や内側で口や鼻を覆って防ぐようにしましょう!

また、感染拡大中の今は人混みもなるべく避けるようにしたいですね。

入手困難のマスクですが、通販にはまだ在庫があります!

高騰しているものもありますが、中には手が出る値段の物も。。

マスク 不織布マスク 30枚入 個包装 使い捨てマスク フリーサイズ 数量限定

新型コロナウイルスの症状は?

新型コロナウイルスのおもな症状としては以下のものが確認されています。

発熱
全身倦怠感
乾いた咳
呼吸困難(入院患者など重症な患者の場合)

潜伏期間や感染源・感染経路は現在調査中で詳しくは分かっていませんが、潜伏期間は最大で14日間程度と言われています。

治療方法については現時点ではわかっておらず、有効なワクチンもありません。。

治療としては対処療法しかないとの事です。

上記のような症状が出た場合は、早めに医療機関を受診しましょう!

その際、感染を拡大させないためにマスクの着用も忘れずに。